天然

プロポリスは癌を予防できる?

癌の予防や治療に対し、違った対応策を模索する事は重要です。
抗がん剤治療は副作用等、リスクが高い治療方法です。
自分の持っている免疫機能力が破壊される事もあります。
自分の免疫機能力が癌の克服に大切であるのに、不思議ではないでしょうか。
なかには、抗がん剤治療によって、健康だったはずの臓器まで癌にしてしまう、といった意見も見られます。
例えがん細胞を殺す働きがあったとしても、健康な細胞が殺されてしまっては意味がありません。
新たな癌を生み出してしまう可能性はとても高いと言えるでしょう。

そこで、プロポリスに注目です。
プロポリスは、正常な細胞はそのままで癌細胞のみを攻撃する成分が大変多く含まれていたのです。
カフェイン酸フェネチル・エステルは、発がん予防・癌細胞の増殖抑制・細胞死作用等に効果が期待出来るとの事です。
クリシンは、癌細胞が同じ癌細胞を作り出す前に増殖を抑制します。
アルテピリンCは、癌細胞の増殖を抑制する効果が期待出来ます。
他にも、プロポリスに含まれる成分として自分の免疫機能力を高めてくれる成分が多数あります。

そもそも癌とは、自分の体内で毎日のように作られているのです。
ウイルスによる癌もありますが、元々は自分の体の細胞なのです。
私達の体内の細胞は、様々な所で毎日寿命となり、新しい細胞が生まれます。
その際にコピーされた細胞の突然変異がコピーミスとして癌細胞となります。
健康な人であっても、1日に約数千個もの癌細胞が生まれるのです。
コピーミスは紫外線や様々な要因で引き起こされます。
加齢や生活習慣等の影響で自己免疫機能力が低下し、癌細胞を排除出来なくなり癌が発症します。
しかし、全ての人達が癌として発症している訳ではありません。
私達には癌抑制遺伝子があり、そして自己免疫機能力が働き日々生まれる癌細胞を掃除しているからです。
癌の増殖を手伝う遺伝子が存在する一方で、癌抑制遺伝子も存在しますが、そのバランスが崩れたときに、癌の増殖が進み発症します。

自分の免疫機能力を高める事が癌の予防に偉大な効果を与えてくれます。
プロポリスには、そんな自己免疫機能力を高めてくれる成分が多く入っています。
その為、癌の予防に大きな期待が出来ます。
癌は勿論の事、自分の体は自分の免疫機能力を高める事で病気にならない体作りをする為にプロポリスはおすすめです。
気になるプロポリスの副作用についても参考にご覧ください。